ブックタイトル春夏秋冬まるまるしぞ~かおでん電子版2018

ページ
14/118

このページは 春夏秋冬まるまるしぞ~かおでん電子版2018 の電子ブックに掲載されている14ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

春夏秋冬まるまるしぞ~かおでん電子版2018

14Indexへ◆タネ紹介①個性的なねりものたち○はんぺん(黒はんぺん)一般的な『はんぺん』は白ですが、静岡で『はんぺん』と言ったらそれは『黒はんぺん』のこと。江戸時代から300年以上の歴史を持つ、静岡ならではの食べ物です。黒いのは、地元の焼津港で獲れたサバやイワシを骨まで使っているから。静岡おでんに欠かせない一品で、ぷりっとした引き締まった食感と、魚の濃厚な味わいが楽しめます。○白焼き(さんかく)白焼きとは、スケトウダラのすり身の素焼きのこと。ちなみにこれを油で揚げたものが『さつま揚げ』になります。『白焼き』というだけあって本来は白いのですが、静岡おでんの濃い味のダシをたっぷり吸い込んで真っ黒に!淡白な味わいで、ふわふわもちもち。噛むほどにたっぷり染みたダシの旨みがじゅわっと口に広がります。ヘルシーで女性に大人気の一品です。○すじ鉾(すじぼこ)魚を丸ごとすりつぶして作ったかまぼこ。魚の軟骨のコリコリとした食感と、もっちりとした弾力が特徴です。串に刺さったすじ鉾をほおばれば、魚の素朴な味わいとおでんのダシが溢れだして美味です。おでんマルわかり