ブックタイトル春夏秋冬まるまるしぞ~かおでん電子版2017

ページ
22/100

このページは 春夏秋冬まるまるしぞ~かおでん電子版2017 の電子ブックに掲載されている22ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

春夏秋冬まるまるしぞ~かおでん電子版2017

17Indexへ静岡の食材と地酒が堪能できるお店です。おでんマルわかり◆プロローグ…湯気のたつ鍋を覗くと、真っ黒スープからにょきにょきと竹の串が生えている。「なんじゃこりゃ」そーっと1本持ち上げると黒はんぺん。こんにゃく・ちくわ・さつま揚げ・ごぼう巻・玉子・こんぶ・牛すじ・じゃがいも等々すべて串にささっている。だし粉・青のりをかけるか、からしを付けて食べる。「旨!!」そうこれが大正時代から伝わる「静岡おでん」なのだ。ー静岡おでんの会『静岡おでんとは?』より抜粋◆しぞ~かおでんってどんなの?しぞ~かおでん(静岡おでん)とは、静岡人に愛されているソウルフードで、静岡では一年中おでんを食べることができます。一般的に次のような特徴があるとされています。もともとは屋台や駄菓子屋で多く扱っていましたが、最近はそば屋や居酒屋でも食べられるようになり、おでんBARも増えています。静岡の地酒や静岡割り(焼酎の緑茶割り)と一緒にいかがですか?★すべての種が串に刺さっている★牛すじを煮込んだ黒いスープで煮込む★黒はんぺんや魚のすり身が入っている★だし粉と青のりをかけて食べる